通販物流の委託についてみんなが知りたいこと

そもそも通販物流とは何か!?

通販物流とは、ネットショップを運営する上で必要な物流全般を意味しています。ネットショップはお客さんと対面する実店舗を持っていないケースも多いのですが、ネットを通じて販売する商品はしっかり管理しなければなりません。商品を安全に届けてお客さんに満足してもらうためにも、健全な通販物流を実践することが大切です。通販物流の仕事内容には、様々な種類があります。入荷作業や検品、在庫管理、ピッキング、発送など、作業内容は実に豊富です。実際に専門会社に委託する場合は、通販物流の業務を全て委託することも可能ですが、必要な作業だけを委託するケースも少なくありません。特定の作業だけ委託すれば、その分費用も安くなります。

通販物流の委託で発生するコストについて

通販物流を外部の会社に委託する場合、どのくらいのコストがかかるのでしょうか。通販物流の委託費用は、基本的に固定費と変動費に大別できます。固定費の内訳は基本料金と保管費用の2つです。基本料金はシステム利用料のことで、商品の入荷や管理、配送までをシステム化するために必要となります。また保管費用は、倉庫の大きさや立地条件によって異なっています。小さい商品の場合、棚やパレット単位で保管場所を利用することも可能です。一方、通販物流における変動費とは、入庫や梱包、発送にかかる費用を意味しています。これらの費用は、商品の売れ行きによって変わるものです。商品が売れれば売れるほど変動費は高くなりますが、たくさんの販売が見込める商品であれば、1個当たりの費用単価を安くすることも可能です。