ネット通販事業者必見!?よい物流会社の選び方

通販の物流システムは日々進化している

TVショッピングやインターネットでの買い物は増加の一途をたどっています。商品の受注から発送まですべてがシステム化された通販センターに集中し、商品の管理を行っています。物流会社は全国複数箇所に拠点を持ち、商品を分散して持つことにより翌日配送可能のエリア拡大とともに配送コストの削減も実現しています。商品管理においても入荷時の検品作業・在庫管理、発送時において梱包・包装、さらにラッピングなどを行う場合もあります。リアルタイムで商品の受注・販売や商品の在庫情報管理を行うにはすべてがシステム化された物流会社となります。膨大な数の商品。その種類、保管してある場所、入荷・出荷などすべてが物流会社のコンピュータシステムで管理されています。

物流サービスの管理システム

TVやネット販売が急成長し、毎日膨大な数にのぼる多種多用な商品。その種類、形・大きさは様々なものがあります。受注した商品の数、種類もそれぞれ発注者により異なり、これらを敏速に処理しなくては当日発送・翌日お届けなどはできなくなります。それを可能にしているのがバーコード処理です。商品の入荷から在庫管理・梱包・発送はもちろん、倉庫内での在庫管理にもバーコードは欠かせません。商品のバーコードを読み取り、ロボットがピッキングや移動管理しているシステムも実現化され稼働しています。人が商品を運ばなくても、24時間フル回転で間違えることなく短時間で処理してくれます。時間短縮とともにコスト削減にもなります。今後、海外との物流業務が増えてくると、さらなる輸出入の規制や申請など煩雑な業務が増えるので、管理体制・システムの強化が大切なものとなります。