意外に知らない?通販でかかる出荷作業

仕分け・商品管理作業

通販業務を運営していく上で、出荷作業に必要な業務は大きく分けて2種類です。そのうちのひとつに、仕入れた商品の在庫管理・仕分け作業が挙げられます。大型倉庫管理や事務所管理など、その事業規模の差異によって分量や種類は異なりますが、いずれの場合も正確かつ明確に把握できるよう管理しないといけません。その際は指示書に従って仕分けを行います。種類別に商品を間違えないように並べる必要があり、さらに在庫が多ければスピードも求められます。そのため、正確さとスピードの両方が必要です。特別な知識や技術がなくてもできる業務ではありつつも、常に神経を研ぎ澄まして行うことが必須であるため、単純作業・体力作業という認識を持っているなら改めましょう。

検品・梱包作業も含まれる

出荷作業に含まれていて、ついつい見落としがちな事前作業に検品があります。読んで字の如く、販売を行うために仕入れた商品が届いたら、不具合がないか調べることは不可欠です。もちろん、ただ商品を外から眺めるだけではなく、製品に傷がないことや備品の不備がないこと、製品の動作に問題がないことなどを細かく調べ上げなければなりません。
問題がなければ、梱包作業へと移ります。運搬中は外部からの振動や衝撃が多いため、緩衝材による保護が必須です。商品を傷つけないように、また形を崩さないように細心の注意を払って行います。商品に合う緩衝材の素材選びやサイズのチョイスも、作業スピードに影響します。物流はスピードが命なので、「精度」と「速度」が最優先ということを覚えておきましょう。